紅葉の豆知識

更新日時:2018/11/05

気が付くと今年も2ヶ月を切りました!!

1年あっという間だなぁーとしみじみ感じますね(>_<)/

そんな慌ただしい師走を迎える前に、

1年を振り返ってみるのも良いかもしれませんね!!

 

さて、11月と言えば紅葉やもみじ狩りの時期です。

ここで紅葉やもみじ狩りの由来を調べてみました。

(キナリオより参照。)

 

紅葉そのものに関する記述は「万葉集」の時代にはじまり、

源氏物語にも「紅葉賀(もみじのが)」として登場しています。

ただし当時の紅葉は、身近な庭園などに植えられているというよりは、

主に山や渓谷に自生するものでした。紅葉を愛でるには野山へ出かけていく

必要があったのです。かつては宮廷人や貴族が、

風流を愉しむための遊びであった「紅葉狩り」が庶民にも広がったのは、

町民文化が大きく花開いた江戸時代です。

紅葉や紅葉の名所の図柄をデザインにあしらった小袖(着物)を着て

紅葉狩りに出かけるのも流行しました。

 

●紅葉はどうして色がかわる?

  ~葉の中におこる変化で、色が変わる~

どうして葉の色は変化するのでしょうか。少し難しいお話になってしまいますが

植物の葉には緑色の「クロロフィル」、黄色の「カロテノイド」という物質が

含まれています。秋になって気温が下がり、日照時間が短くなることで光合成の

効率が下がると、光合成に必要な「クロロフィル」が分解されて、

黄色の「カロテノイド」が残ります。これが、

イチョウなどをはじめとした「黄葉(こうよう、おうよう)」の状態です。

 

●美しい紅葉を見るための気象条件

赤く染まる紅葉は、

葉の中で生成される「アントシアニン」という物質によるもの。

このアントシアニンは気温が下がることにより、また太陽光の刺激により

生成されることがわかっています。そのため朝晩の冷え込みが激しく

秋晴れの続く年には、美しい紅葉を見ることができると言われています。

 

紅葉狩りにまつわる豆知識を色々と調べてみましたが

様々な楽しみ方がありますので、

紅葉の名所を訪れてみるのも良いかもしれませんね(^^)

 

私も近々、友人と岩手の空飛ぶ団子、厳美渓に行こうと計画中です!!

秋は食欲の秋、読書の秋など沢山の楽しい事がありますので

皆さんも様々な秋を楽しんでください(*^_^*)

 

(スタッフ*太田)

  • 更新カレンダー

    2018年11月
    « 10月   12月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • 最新記事

  • 過去の記事

  • Page Top