コンタクトプラザDo スタッフブログ

カントリーロード

更新日時:2018/09/01

お盆で帰省した時に甲子園出場の激励のため

母校の八戸学院光星高等学校に行ってきました。

その時は事務の方が3人しか居りませんでしたが大変喜んで頂き

こちらが恐縮してしまいました。

(八戸学院光星高等学校)

 

訪問後に思い出がふくらみ学校の近くにある

八戸港の館鼻岸壁(たてはながんぺき)に立ち寄りました。

昔は見慣れた風景でしたが、久しぶりに見た広大な港の景色は

とても素晴らしく感動しました。

(八戸港第3埠頭からの夢の大橋)

 

館鼻岸壁では毎週日曜日の早朝に朝市があり、350以上の店舗が立ち並び

1万人以上の人たちがくりだします。

(館鼻岸壁朝市 八戸市観光マップより)

 

夜は居酒屋で仲間と集まり甲子園や昔話で盛り上がって話は尽きません。

みんな60歳を超えるとメニューを見るのにも一苦労。自分は幸い

遠近両用のコンタクトレンズをしていたので遠くも近くも大丈夫でしたが、

古川中央眼科が近くなら、ぜひ遠近両用コンタクトを

みんなに紹介してあげたいと思いました。

故郷は本当にありがたいものだとつくづく感じた一日でした。

(スタッフ*河本)

親孝行

更新日時:2018/08/01

親となにげない会話をしている時「前々から行ってみたい場所があって…」

と言われ、ドコ?と聞くと大内宿。「親孝行」と思えば良いかと…あっさり

快諾して行く事にしました。

 

その前に大内宿って何処にあるのか調べたら…

福島県の会津若松と日光街道の今市とを結ぶ下野(しもつけ)街道の宿場町。

かつては参勤交代の大名行列や旅人などが行き交わした街。現在も約30軒の

茅葺き屋根の民家が軒を連ね掲載している写真を見ると、江戸時代にタイム

スリップしたような街並みが残された昔ながらの風景。

 

調べて行くうちに私がのめり込み、親に言われずとも「ぜひ大内宿に行って

みたい」と好奇心に駆られて行きました。

 

 下調べを行い、いざ大内宿へ出発。渋滞を予想し早めに向かったせいも

あってか、道は渋滞も無くスムーズに到着。

まずは写真の景色を見に行こうと周りのお店には目もくれず小高い丘を

目指す。ちょっと登るのに息切れしましたが何とか到着。
 

 

到着して景色を目にした瞬間、江戸時代へとタイムスリップした感じで、

親は大変喜び写真で見た以上に美しい茅葺屋根と街並みの景色に大感激。

季節によっては紅葉・冬景色など違った景色を見せてくれそうだねと

話しました。

 

景色を見た後は茅葺屋根の民家を見て、名物ネギそば・餅を食べながら

 

     

 

今回の旅行はどうだった?と親に聞くと「今日はありがとう。毎年親孝行

してもらえると嬉しいね」と感謝の言葉を頂き私自身も良い気分になり、

また来年も行きましょうとお互い大満足な旅行でした。

 

スタッフ   千葉

 

 

 

 

 

雲海

更新日時:2018/07/02

う・ん・か・い…雲の海と書いて『雲海』 

皆さん、見たことありますか?

私は今年のゴールデンウィークに初めて見ることができました!!

場所は北海道 星野リゾートトマム内 雲海テラス!…でもなく

富士山から!…でもなく、

天空の城として有名な兵庫県・武田城!…でもなく

我が家から15分位で到着する、遠田郡涌谷町箟岳です(^O^)

ウソでしょ!?と思う方もいると思います。

私も初めて知った時は半信半疑でしたよ、でも本当なんです(^^)

チャンスをうかがいながら数か月。

やっとその時がきたのが忘れもしない4月30日でした。

以前こちらのブログで紹介した、愛猫ちゃまに朝4時に起こされ

台所からぼーっと外を見ながら「この感じ…イケるかも!?」と、

思い立ち、車を走らせ15分。

眼に入った景色がこちらです。


 

 

雲海が発生するには条件があるらしく、ちょこっと調べてみると

①季節は主に春や秋

②時間帯は夜明け前から早朝

③気象条件は、湿度が高い・放射冷却がある・無風状態・快晴

④気温は、前夜の気温と次の日の早朝の気温に差がある

⑤場所は山間部や盆地

などがあるみたいです。

想像よりも、しっかりとした雲海ですごく幻想的で綺麗でした。

意外すぎる穴場のためか、他に誰もいないので

写真を撮りまくり、気が済むまで『初・雲海』を満喫しました。

(スタッフ*平)

  • 更新カレンダー

    2018年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 最新記事

  • 過去の記事

  •  コンタクトプラザDo
     スタッフブログ

    カントリーロード

    更新日時:2018/09/01

    お盆で帰省した時に甲子園出場の激励のため

    母校の八戸学院光星高等学校に行ってきました。

    その時は事務の方が3人しか居りませんでしたが大変喜んで頂き

    こちらが恐縮してしまいました。

    (八戸学院光星高等学校)

     

    訪問後に思い出がふくらみ学校の近くにある

    八戸港の館鼻岸壁(たてはながんぺき)に立ち寄りました。

    昔は見慣れた風景でしたが、久しぶりに見た広大な港の景色は

    とても素晴らしく感動しました。

    (八戸港第3埠頭からの夢の大橋)

     

    館鼻岸壁では毎週日曜日の早朝に朝市があり、350以上の店舗が立ち並び

    1万人以上の人たちがくりだします。

    (館鼻岸壁朝市 八戸市観光マップより)

     

    夜は居酒屋で仲間と集まり甲子園や昔話で盛り上がって話は尽きません。

    みんな60歳を超えるとメニューを見るのにも一苦労。自分は幸い

    遠近両用のコンタクトレンズをしていたので遠くも近くも大丈夫でしたが、

    古川中央眼科が近くなら、ぜひ遠近両用コンタクトを

    みんなに紹介してあげたいと思いました。

    故郷は本当にありがたいものだとつくづく感じた一日でした。

    (スタッフ*河本)

    親孝行

    更新日時:2018/08/01

    親となにげない会話をしている時「前々から行ってみたい場所があって…」

    と言われ、ドコ?と聞くと大内宿。「親孝行」と思えば良いかと…あっさり

    快諾して行く事にしました。

     

    その前に大内宿って何処にあるのか調べたら…

    福島県の会津若松と日光街道の今市とを結ぶ下野(しもつけ)街道の宿場町。

    かつては参勤交代の大名行列や旅人などが行き交わした街。現在も約30軒の

    茅葺き屋根の民家が軒を連ね掲載している写真を見ると、江戸時代にタイム

    スリップしたような街並みが残された昔ながらの風景。

     

    調べて行くうちに私がのめり込み、親に言われずとも「ぜひ大内宿に行って

    みたい」と好奇心に駆られて行きました。

     

     下調べを行い、いざ大内宿へ出発。渋滞を予想し早めに向かったせいも

    あってか、道は渋滞も無くスムーズに到着。

    まずは写真の景色を見に行こうと周りのお店には目もくれず小高い丘を

    目指す。ちょっと登るのに息切れしましたが何とか到着。
     

     

    到着して景色を目にした瞬間、江戸時代へとタイムスリップした感じで、

    親は大変喜び写真で見た以上に美しい茅葺屋根と街並みの景色に大感激。

    季節によっては紅葉・冬景色など違った景色を見せてくれそうだねと

    話しました。

     

    景色を見た後は茅葺屋根の民家を見て、名物ネギそば・餅を食べながら

     

         

     

    今回の旅行はどうだった?と親に聞くと「今日はありがとう。毎年親孝行

    してもらえると嬉しいね」と感謝の言葉を頂き私自身も良い気分になり、

    また来年も行きましょうとお互い大満足な旅行でした。

     

    スタッフ   千葉

     

     

     

     

     

    雲海

    更新日時:2018/07/02

    う・ん・か・い…雲の海と書いて『雲海』 

    皆さん、見たことありますか?

    私は今年のゴールデンウィークに初めて見ることができました!!

    場所は北海道 星野リゾートトマム内 雲海テラス!…でもなく

    富士山から!…でもなく、

    天空の城として有名な兵庫県・武田城!…でもなく

    我が家から15分位で到着する、遠田郡涌谷町箟岳です(^O^)

    ウソでしょ!?と思う方もいると思います。

    私も初めて知った時は半信半疑でしたよ、でも本当なんです(^^)

    チャンスをうかがいながら数か月。

    やっとその時がきたのが忘れもしない4月30日でした。

    以前こちらのブログで紹介した、愛猫ちゃまに朝4時に起こされ

    台所からぼーっと外を見ながら「この感じ…イケるかも!?」と、

    思い立ち、車を走らせ15分。

    眼に入った景色がこちらです。


     

     

    雲海が発生するには条件があるらしく、ちょこっと調べてみると

    ①季節は主に春や秋

    ②時間帯は夜明け前から早朝

    ③気象条件は、湿度が高い・放射冷却がある・無風状態・快晴

    ④気温は、前夜の気温と次の日の早朝の気温に差がある

    ⑤場所は山間部や盆地

    などがあるみたいです。

    想像よりも、しっかりとした雲海ですごく幻想的で綺麗でした。

    意外すぎる穴場のためか、他に誰もいないので

    写真を撮りまくり、気が済むまで『初・雲海』を満喫しました。

    (スタッフ*平)

  • 更新カレンダー

    2018年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 最新記事

  • 過去の記事

  • Page Top